深のまいくらノオト

サバンナ拠点近くで氷と粉雪生成施設

拠点近くの川にドラウンドトラップを作って放置していたのですが、待機場所に雪が降ってきました。

拠点はサバンナにあるためこれまで雨さえ降ることがなく、スポナーなしカエルライトトラップを作るときに粉雪を採取した雪の斜面も近いとは言っても1000ブロック程離れているため、氷や粉雪を確保するにはそのあたりで採取するしかありませんでした。

ドラウンドトラップを作ったのは川バイオームですが、そこに隣接していたのが石だらけの海岸でこのバイオームは冷帯に含まれていて、高度90以上で雪が、180以上で水源が凍結するとか。

ドラウンドトラップの待機層に氷と粉雪の精製施設が作れそうです。

氷の生産施設は9×9程度の範囲を木材で囲って、2辺に水源を置いて全体を水源にします。
そのままですと水源が全部氷になってしまって、氷を採取したらまた水源を置かないといけなくなるので、対角線の位置にハーフブロックを設置してその下の水源が凍らないようにしておきます。
こうしておくことによって、氷を全部採取してもハーフブロックの下の水源で施設全体が水源に戻ります。

気を付けたいのが湧きつぶしです。
氷の上にはモンスターはスポーンしませんが、枠のブロックなどにはスポーンするので沸きつぶしが必要ですが、松明などの光源で湧きつぶししようとすると氷が溶けてしまいます。
明るさ12以上になると溶けてしまうので松明などの光源での湧きつぶしは難しいです。
枠ブロックの上に下付きハーフブロックを置くなど、光源以外での湧きつぶしが必要です。

粉雪の生成は雪が降る場所に大釜を置いておくだけです。
雪が降っていると大釜の中に徐々に雪が積もってゆきます。
大釜に雪が満ちた状態でバケツを使うと粉雪入りバケツになるのですが、これが時間がかかるうえ雪が降っているときに近くにいないといけないため、なかなか満ちてくれません。
まあ、これは気長に向き合うしかないかもしれませんね。

ともかくサバンナという熱帯バイオームに拠点があると氷・粉雪の入手に困りますので、こんなふうに生成施設を作れたのはとても助かりました。

モバイルバージョンを終了