アレイ農民式全自動小麦回収施設改 時間制限Ver.

攻略

以前作ったアレイ式全自動小麦回収施設で、農民がコンポスターにアクセスすると小麦の種を骨粉に変えてしまい、最初に8スタック小麦の種を持たせていたにもかかわらずインベントリに空きができ、小麦を収穫してしまったので、コンポスターをフェンスで囲んで農民がアクセスできなくしました。

しかしその状態ですと、5日ほどすると農民が農作業をしなくなってしまいました。
どうやら村人が職業ブロックにアクセスできない状態が続くと、仕事をしなくなってしまうようです。(JAVA限定?要検証)

農民のインベントリに空きができて小麦を収穫してしまうようになっても、小麦を収穫してインベントリがいっぱいになればまた小麦を収穫しなくなるので、最初のうちの効率は落ちてもそのうち安定すると思いますが、多少工夫ができないかと考えてみました。
(実際にはメインワールドのほうですでに実装してしていましたが、今回サブワールドでも導入するにあたって、再検証してみました)

農民が数日コンポスターにアクセスできないと農作業をしなくなり、また自由にコンポスターにアクセスできると種を骨粉に変えてしまい、インベントリに空きができる。
のであれば、定期的に一定時間だけコンポスターにアクセスできるようにする、という方法です。

具体的には、コンポスター上に設置した光源の周りをフェンスだけでなく一部フェンスゲートに変更して、日照センサーの信号で正午の時間だけゲートを開くようにしました。

e

コンポスターの上の光源ブロックの前後左右にフェンスゲートを設置し、あいだをフェンスでつなぎます。

光源の上、天井として設置したガラスブロックを破壊して、光源ブロックの上にレッドストーンパウダーを置き、ガラスの代わりに固体ブロックを置きます。

固体ブロックの隣のガラスブロックを取り除いて、一段下に固体ブロックを設置して、その上に光源ブロックの方を向くようにリピーターを設置すます。

さらにリピーターの隣のガラスブロックを破壊して、固体ブロックに変更します。

固体ブロックと、その隣のガラスブロックの上にレッドストーンパウダーを敷き、それに向かってレッドストーンコンパレーターを置き右クリックして減算モードにします。
コンパレーターの後ろに日照センサーを設置します。

レッドストーンコンパレーターの横に、レッドストーンコンパレーターを設置して、その後ろにホッパーを設置し、スタックできないアイテムを4つと62個スタックできるアイテムを20個入れます。

これで日照センサーから強度15の信号が出る正午から2時までの間だけ、フェンスゲートが開くようになります。
農民がコンポスターに一回のアクセスでいくつ種を投入するかわかりませんが、その間に村人が1スタック以上種を投入しなければインベントリの空きができなくなります。

日照センサーの性格上、雨天の時には正午になってもフェンスゲートが開きませんが、雨天が数日連続することもないので、大丈夫だと思います。

メインワールドのほうではこの状態で1カ月ほど運用していますが、問題なく動作しています。

農民が骨粉を作ってしまうのが気になる方は、試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました